MyStyle

  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

Support ひとりぐらしサポート

料理に役立つアイディア

いまどきの「ひとりご飯」~Vol.3 夏ごはん~

明日、23日は二十四節気の「大暑」。1年で最も暑い時期がやってきます。すでに夏バテ...というかたもいるかもしれませんが、暑いからといって、食事を取らなかったり、冷たいモノばかり食べていたりしては、ますます身体はバテていくばかり。「そうはいっても、毎日作る気力がありません...」というあなた。気持ちはとってもわかるけど、そこでめげてはいけません。早く帰れる平日にまとめて作り置きするとか、週末、お友達を呼んで一緒に食べるなど、ひと工夫して、楽しい夏を送りましょ。

img_20150722_01.jpg

この手があったか! 夏ごはん

☆まとめ作りと冷蔵・冷凍保存

通勤や通学の行き帰りだけでも、なんだか疲れてしまうこの季節。毎日作るのではなく、週末や時間が空いた時などに、まとめて作って、冷蔵庫・冷凍庫で保存するという手が効果的。ご飯はまとめて炊いたら、1食分ずつラップで包んで冷凍庫に。食べる時に解凍すればOKです。食中毒が発生しやすい時期なので、しょうがや梅干しなど、腐敗を防ぐ作用のある食材を使ったり、肉や魚は中まで十分に火を通したりして、食中毒にはくれぐれもご注意を。

☆時短で乗り切る

ただでさえ暑いのに、熱い調理器具の前って、本当に熱い! なので、とにかく作る手間を省いて、時短することも夏ごはんのポイントです。ツナ缶やなめたけなど、缶詰や瓶詰の食材を利用して、料理にかける時間を短くしちゃいましょう。きゅうりやトマトなどの野菜と和えてご飯にのせたり、パスタにあえたり。ブロッコリーやにんじんなどのゆでた野菜に、レトルトカレーをかけるだけでも、主役の一皿があっという間に完成です。

☆一緒に食べる♪

週末の夕方、暑さが少しおさまった頃、それぞれが食べたいものを持ち寄って集まる「みんなごはん」はいかが? 成功のポイントは、シバリをゆるーくしておくこと。ひとり一品、とだけ決めておいて、あとは手作りのおかずを持ち込むもよし、できあいのおそうざいを買ってくるもよし、はたまた食材を持ち込んで、週末シェフを務めるもよしということで。ひとりごはんが集まったみんなごはん。食べたら花火でもしちゃいます?

○超かんたん手抜きラタトゥイユ

img_20150722_02.jpg

ナス、玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカなどをサイコロ大にカット。お鍋にオリーブオイルを入れて、玉ねぎを炒める。ちょっと透き通ったら、残りの野菜を投入。しんなりしたら、トマトホール缶をまるっと入れ、トマトをつぶしながら混ぜ合わせる。「エルブ・ド・プロヴァンス」(いろいろなハーブをミックスしたスパイス)、ローリエ(あればでよい)を入れて、こげないように弱火でグツグツ。しっかり煮詰まったら、最後に塩で味をつけてできあがり。小分けにして冷凍保存を。食べる時は、パスタにかけたり、オムレツに乗せたり。オリーブオイルで焼いたとり肉にかけても美味。

○お手軽・なめたけパスタ
瓶詰のなめたけ半分くらいに、市販のめんつゆ、柚子こしょうを混ぜて、味を整える。パスタをゆでて、なめたけの半分くらいと混ぜ合わせる。混ぜたパスタをお皿に盛って、上から、大根おろし、残りのなめたけを乗せる。細かくちぎった海苔や大葉の千切りをかけて召し上がれ。

○新じゃがのオープントースター焼き
よく洗って水気を取った新じゃが(皮つきのまま)と、同量のプチトマトをグラタン皿に入れ、ベーコンを適当に切って散らす。彩りにブロッコリーを入れても○。塩を振って、「エルブ・ド・プロヴァンス」を振りかける。オリーブオイルをちょっと多めかなと思うくらい回しかけて、オーブントースターへ。30~40分焼いて、新じゃがが柔らかくなったら完成。
なお、グラタン皿がない場合は、二重にしたアルミホイルのフチをちょっと立ち上げ、具材がこぼれないようにして焼いても。

夏を乗り切る夏ごはん。もうすぐやってくる夏休みを楽しく過ごすためにも、きちんと食べて、元気にお過ごしくださいね。

※レシピ協力:和食コーディネイター むらたゆきこ@在パリ

☆次回のテーマは、「夏休みに読みたい夏の本」。心にさわやかな風が吹く3冊お届けします☆

Facebook

MyStyleのFacebookページでは「インテリアノート」や「ひとりぐらしサポート」などのブログの更新情報をはじめ、新しく誕生するMyStyleの情報など 最新のお知らせを配信しています。

Back

MyStyle
  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

About MyStyle

いちばん心地良いのは、自分らしい暮らし。そんなコンセプトから生まれた、まったく新しい賃貸アパート"MyStyle"シリーズ。 まず、そこに暮らす人の理想のライフスタイルを思い描き、それを実現するために設計、デザインされています。 これまでの場所や家賃で住まいを探すというスタイルから、自分の理想の暮らし方に合わせて住まいを選ぶというスタイルへ。