MyStyle

  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

Support ひとりぐらしサポート

初めてのひとり暮らし

初めてのひとり暮らし、最初にかかるお金はなあに?

img_20150311_01.jpg

進学・就職・転勤...、ひとり暮らしを始めるきっかけは人さまざま。考えるだけで、なんだかワクワク♪ というかたもあれば、ちょっぴり不安でドキドキというかたもいるかもしれませんね。では、実際にひとり暮らしを始めるためには、どんな費用が必要なのでしょう?

必要なのは3つのお金

ひとり暮らしを始めるには、大きく分けて3つのお金が必要です。

1:部屋を借りるためのお金

img_20150311_02.jpg

物件探しを不動産仲介業に依頼した場合、例えば関東では、敷金、礼金、仲介手数料、そして借りる部屋の前払い家賃(1ヶ月)を合わせて、約6ヶ月分が必要とされています。仮に6万円の部屋を借りるのであれば、6万×6=36万円が、入居時にかかるという計算。でも最近は、物件によって敷金や礼金がいらないケースや、賃貸料の何か月分かが無料という物件も。また、仲介手数料が要らないネットの不動産サービスも出てきているので、広く情報を集めることから始めてはいかがでしょう?



2:引越しをするためのお金

img_20150311_03.jpg

引越し業者に頼む、友人や家族に頼む、はたまた自分ひとりで頑張るなど、人によって、ケースもさまざまなお引越し。友人や家族、自分で引っ越す場合、家具を搬入する際、壁やドア、エレベーターに傷をつけないように気をつけて。業者に依頼する場合は、複数の業者に一括して見積りをお願いできるサイトを活用すると便利です。なお、引越し業者は、全国展開している大手だけでなく、限られた地域間のみの引越しを請け負う地域密着型もあるので、調べてみるとおトクなプランが見つかるかも。



3:生活をするためのお金

img_20150311_04.jpg

冷蔵庫、洗濯機にテレビなどの家具・家電のほか、ベッドや照明、カーテンなど、生活必需品を揃えるためにもお金は必要。実家にいると、あたりまえのようにあったモノが、いざひとり暮らしを始めると、「あ。こんなモノも必要なんだ...」と気がつくこともしばしば。特に、カーテンはついうっかりしがちな代表選手ですが、防犯の意味においても必要なので忘れずに。家電に関して、最近注目されているのがパッケージレンタル。例えば「アコムレンタル」のセットでは、冷蔵庫+洗濯機+電子レンジの3点セットが月額¥2,700(税抜)という料金でレンタルできます。セット点数を増やしたり、最新人気家電がオプションでプラスできたりと選択肢も豊富なので、ひとり暮らしの初期費用を抑えたいというかたはチェックしてみては?

※本文中の金額は2015年3月現在の価格です。

☆次回のテーマは、引越しに関するいろいろな手続き。今春お引越しされるかたは必見です!☆

Facebook

MyStyleのFacebookページでは「インテリアノート」や「ひとりぐらしサポート」などのブログの更新情報をはじめ、新しく誕生するMyStyleの情報など 最新のお知らせを配信しています。

Back

MyStyle
  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

About MyStyle

いちばん心地良いのは、自分らしい暮らし。そんなコンセプトから生まれた、まったく新しい賃貸アパート"MyStyle"シリーズ。 まず、そこに暮らす人の理想のライフスタイルを思い描き、それを実現するために設計、デザインされています。 これまでの場所や家賃で住まいを探すというスタイルから、自分の理想の暮らし方に合わせて住まいを選ぶというスタイルへ。