MyStyle

  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

NOTE インテリアノート

小物で彩りを

秋散歩。学芸大学、こだわりのインテリアと雑貨めぐり
小物で彩りを

秋散歩。学芸大学、こだわりのインテリアと雑貨めぐり

今、おしゃれに敏感な人たちから、熱い注目を集めている東横線「学芸大学」。3年前、駅の高架下にオープンした「GAKUDAI KOUKASHITA」を中心に、昔ながらの商店街が四方に伸びて、暮らしやすさとおしゃれ度の高さがいい感じのバランスで街を形成しています。しかも、駅前の商店街から、「インテリアストリート」と呼ばれる目黒通り沿いにかけては、評判のインテリアショップや気になる雑貨屋さんが点在。おしゃれなエリアとしても目が離せません! 神無月、からりと晴れた秋の日に、てくてくお散歩しちゃいません?

ていねいな暮らしをお手伝い
CLASKA Gallery & Shop "DO"(くらすか ギャラリー&ショップ ドゥ)本店

クリエイターやデザイナーであれば、1度は出かけたことがあるかも?のデザインホテル「CLASKA」。話題を呼んだオープンから、早12年が経った今も不動の人気を誇ります。そんなホテルの2階にあるのが、ライフスタイルショップ「CLASKA Gallery & Shop "DO"」本店。新しいテイストの日本各地の工芸品から、着ごこちのよい素材のアパレルまで、思わずお家に連れて帰りたくなるようなアイテムが並んでいます。併設されたギャラリースペースでは、さまざまな企画展が開催され、ワークショップにも参加できたりしちゃいます。ショップを堪能した後は、1FのDINING&CAFÉ"kiokuh"でのんびりお茶を楽しむのもおススメですよ。

○CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店 http://do.claska.com/


キュートでカラフルな雑貨がわんさか
mochilero(モチレロ)

学芸大学の駅から続く東口商店街をしばし進み、美容院がある角を曲がると、住宅街の中に、ひょっこり。という感じで出現する「mochilero」。カワイイ木の階段を数段上がり、お店に入るとなんと床は土...。アスファルトに慣れた足が、ちょっとくすぐったくなるよう感触が新鮮です。アジアやアフリカ、南米などの手作りの生活雑貨が、こじんまりしたショップの中(外にも!)に、ところ狭しと並んでいます。クロアチアのカラフルなお鍋、ユーモラスなメキシコのガイコツ人形、色鮮やかなマサイのブランケットなど、どれもこれもが可愛くて、みんな欲しくなってしまいそう。なお、ショップのオープンは12:00からと少し遅めなので、お出かけの際には気をつけて。

○mochilero http://mochilero.jp/


懐かしい和テイストの家具に会える
OTSU FURNITURE(オツ ファニチャー)

「CLASKA」から環七方面に向かって、目黒通りをてくてく。鷹番一丁目の交差点を過ぎてまもなく見えてくるのが「OTSU FURNITURE」。お店の外に無造作に積まれた机や棚が目印です。店内に入ると、どこか懐かしいような水屋(食器棚)やちゃぶ台、引き出しが静かに置かれています。どれもみなアンティークなのに、決してゴージャスではなく、ほどよく力が抜けている家具たちばかり。買って帰ったその日から、ずっと昔からそこにあったようになじむに違いありません。さりげなく置かれたあめ色の編みかごや、透かし彫りが美しい板にも一つひとつにストーリーがありそうで、思わず見入ってしまいます。目黒通りの喧騒が、ほんの一瞬消えたような、ちょっと不思議な時間が過ごせるかも。

○OTSU FURNITURE http://demode-furniture.net/otsu/             


いかがでしたか? ご紹介した3店舗は、いずれもオンラインサイトからアイテムの購入も可能です。近くのかたはお散歩がてら、遠くのかたはサイトでチェック。いろんな楽しみ方でおしゃれな秋をお過ごしください♪

☆次回は「インテリアで暖かくする工夫」をお届けします☆

Facebook

MyStyleのFacebookページでは「インテリアノート」や「ひとりぐらしサポート」などのブログの更新情報をはじめ、新しく誕生するMyStyleの情報など 最新のお知らせを配信しています。

MyStyle
  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

About MyStyle

いちばん心地良いのは、自分らしい暮らし。そんなコンセプトから生まれた、まったく新しい賃貸アパート"MyStyle"シリーズ。 まず、そこに暮らす人の理想のライフスタイルを思い描き、それを実現するために設計、デザインされています。 これまでの場所や家賃で住まいを探すというスタイルから、自分の理想の暮らし方に合わせて住まいを選ぶというスタイルへ。