MyStyle

  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

NOTE インテリアノート

小物で彩りを

深まる秋を楽しむ 4つのインテリアテクニック
小物で彩りを

深まる秋を楽しむ 4つのインテリアテクニック

9月も下旬に入りました。連休はいかがお過ごしですか? 猛暑の名残りもようやく落ち着いて、秋のファッションがすんなり身体になじんでくる頃ですね。この秋冬は、チェック柄やノルディック模様がトレンドのようですよ。なあんて、オシャレが楽しい季節には、インテリアにも"秋"のモードを取り入れてみませんか? 気分が高まる秋テク、ご紹介します。

秋灯りのポイントは間接照明

昼と夜の長さがほぼ等しくなる「秋分の日」。これから冬至に向かって、夜がどんどん長くなる「秋の夜長」の到来です。気温も落ち着いて、夜をゆっくり楽しむこの季節、灯りも秋に合わせましょそのポイントは間接照明。天井からの照明の光量を、いつもより少し落とし、替わりに間接照明をプラスオン。光の陰影が、空間に奥行きを生み出し、お部屋の雰囲気がガラリと変わります。キャンドルやスタンドライトなど、いろいろな照明器具が出ているので、チェックしてみては?

自然に習う秋色ファブリック

街路樹にふと目をやると、葉や幹の様子が夏と違うことに気づきませんか? そう、緑も秋の仕様に変わっています。ということで、お部屋のファブリックも、自然にならって模様替え。枯れ葉や土の色など、アースカラーや温かみのある色など、季節とコーディネイトした色合いを。一気に雰囲気を変えたい時は、カーテンやベッドカバーなど、大きな面積のものを大胆にチェンジして。逆に、秋の深まりに合わせて、変化を楽しみたいというかたは、コースターやルームシューズ、クッションなど、小物たちから少しずつ秋色を取り入れるのがコツです。

和テイストで秋を演出

普段はハーブティーやコーヒーなんですけど、というかたも、秋には日本茶、いかがでしょう? もちろんそこには、急須と湯呑みの和のテーブルコンビ。でも、昔ながらの取っ手がついた急須は、ちょっとお部屋に合わないかも...と思ったあなた。「宝瓶(ほうびん)急須」はいかがでしょう? コロンと丸いフォルムが可愛く、一人から二人分のお茶を入れるのにほどよい大きさ。そして、何より取っ手がないので収納にも場所を取らずにすむのでございます。美味しい日本茶を丁寧にいれて、ゆっくり・のんびり一服どうぞ。きっとほっこりシアワセになりますよ。

お部屋に秋の一角を

実りの秋は、自然界にもさまざまな色や形をもたらします。毎日の出勤途中で、ふと目についた落ち葉や、スーパーや八百屋さんに並ぶ秋野菜を使って、小さな秋のオブジェを作ってみるのはいかが? 例えば、イチョウやプラタナスなどの落ち葉を額装したり、小さなガラス瓶に、栗やぎんなんを入れて並べてみたり。ススキやエノコログサなど丈の高い草たちは、リボンで束ねて背の高いグラスに挿してもステキです。

読書の秋、芸術の秋、食欲の秋...、形容詞の多い秋は、心地よく過ごせる豊かな季節である証し。インテリアをちょっとだけ工夫して、秋の夜長をハッピーに♪

☆次回は「インテリア&雑貨めぐり 学芸大学!」をお届けします☆

Facebook

MyStyleのFacebookページでは「インテリアノート」や「ひとりぐらしサポート」などのブログの更新情報をはじめ、新しく誕生するMyStyleの情報など 最新のお知らせを配信しています。

MyStyle
  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

About MyStyle

いちばん心地良いのは、自分らしい暮らし。そんなコンセプトから生まれた、まったく新しい賃貸アパート"MyStyle"シリーズ。 まず、そこに暮らす人の理想のライフスタイルを思い描き、それを実現するために設計、デザインされています。 これまでの場所や家賃で住まいを探すというスタイルから、自分の理想の暮らし方に合わせて住まいを選ぶというスタイルへ。