MyStyle

  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

NOTE インテリアノート

小物で彩りを

梅雨どきだからこそ、そろえたい カラフルでユニークな小物たち
小物で彩りを

梅雨どきだからこそ、そろえたい カラフルでユニークな小物たち

青、白、ピンクに紫...鮮やかな紫陽花の花が、グレイの空に一段と映える季節になりました。紫陽花の花びらのように見える部分は、実は萼(ガク)。最近では、フチがフリルのようになったものや、重なりあった八重咲きのもの、カスミソウのように見えるものなど、形も百様、ユニークなものがあるようです。お花屋さんでチェックしてみるのも楽しいかも。紫陽花のカラフルさが際立つのは、梅雨どきのグレイな空というキャンバスがあればこそ。ということで、今回の「インテリアノート」は、紫陽花に学んで、梅雨どきに映えるカラフルでユニークな小物たちをご紹介します。

玄関先に花が咲く!

この季節に欠かせない傘。あなたは何本お持ちですか? 「ウェザーニューズ社」が昨年実施した"世界の傘事情調査"によると、なんと日本人は世界で最も傘の所持数が多いのだとか。さらに同調査によれば、世界の主流が折りたたみなのに、日本の主流は長い柄の傘なのだそう。最近のゲリラ豪雨でつい購入、もあるけど、確かに持ってる傘、多いかも!?

となると、重要な役割を担うのが「傘立て」つい、郵便受けのふちに引っかけたまま...というあなた。それでは家の顔ともいえる玄関周りが台無しです。今や、傘立てもとってもオシャレ。「これ、傘立て?」と思わず二度見してしまうようなユニークな形や、傘を"立てる"のではなく、"掛けて"収納するタイプなど、種類も豊富。今梅雨、玄関先が明るくなるような傘立てを探してみては?

※参考:"世界の傘事情調査"

トイレは密かなチャレンジエリア

洗面台やキッチンシンクなどの水回りは、普段からどうしてもジメジメしてしまいがちですが、中でも湿気がこもるトイレは、この季節はなんだかスッキリしない場所になっていませんか? そんな時こそ、カラフルマジックが効果的。タオルをパステルやビビッドな色に替えるだけで、気分が変わります。流行が続くボタニカル(植物柄)もよいかも普段、自分では身に着けない、選ばない色や柄も、トイレのタオルのような小さな面積のものなら、チャレンジしやすいはず。同様に、トイレマットや便座カバーを使っているかたも、これまで試したことのないタイプに挑戦してみてはいかが? フタカバーとマットがつながって、一つの絵になっているユニークなものもあるようです。意外な自分の好みが発見できるかもしれません。

晴れてる日でもお部屋干し!?

梅雨の長雨は、どうしても洗濯ものの部屋干し回数が増える時期でもあります。となると、お部屋に湿気がこもりがち...。そんな時にも、カラフルでユニークな小物たちが大活躍。直接湿気を取ることはできないけれど、気分をアゲることのお手伝いはできそうです。洗濯に関連するグッズは意外にたくさんあるもの。プラスチックハンガーや、洗濯バサミ、ランドリーバスケットにランドリーネットなどなど。うれしいことにそれらのグッズ、おサイフにやさしい値段でも入手できるものがほとんどです。100円ショップでそろえることもできそうですね。例えば、すべてのグッズを同じカラーでそろえてみたり、洗濯バサミだけ、おもいきりカラフルにしてみたりと、工夫のしがいがありそうです。なお、洗濯バサミは色だけでなく、形や素材も豊富で、アニマルものからキャラクターまで、まさによりどりみどり。かの「ジバニャン」とその仲間たちでそろえるなんてこともできそうですよ。

雨はユウウツ...というかたもいるけれど、雨も大切な自然の要素。「疎む」のではなく、「愛でる」気持ちで過ごしましょ

☆次回は「表参道の気になる雑貨屋さんについて」をお届けします☆

Facebook

MyStyleのFacebookページでは「インテリアノート」や「ひとりぐらしサポート」などのブログの更新情報をはじめ、新しく誕生するMyStyleの情報など 最新のお知らせを配信しています。

MyStyle
  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

About MyStyle

いちばん心地良いのは、自分らしい暮らし。そんなコンセプトから生まれた、まったく新しい賃貸アパート"MyStyle"シリーズ。 まず、そこに暮らす人の理想のライフスタイルを思い描き、それを実現するために設計、デザインされています。 これまでの場所や家賃で住まいを探すというスタイルから、自分の理想の暮らし方に合わせて住まいを選ぶというスタイルへ。