MyStyle

  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

NOTE インテリアノート

上手な家具選び

「なんだかいいね!」な家具の置き方・選び方
上手な家具選び

「なんだかいいね!」な家具の置き方・選び方

大好きな色のチェアに、ちょっと気になるあのチェスト。自分の好きなモノだけでお部屋をつくっていくのは、ひとり暮らしのだいご味。あれもこれもと、ワクワクする気持ちはわかるけど、でも、ちょっと落ち着いて! センスあるインテリアの第1歩は、部屋全体のバランスを考えること。ほしい家具が今の部屋にあっているサイズかどうかを、じっくり確かめることが大切です。ということで、まずは自分の部屋を測ることから始めましょ。

まずはお部屋のサイズを測ること

最初に手に入れたいのが「コンベックス」とも呼ばれる工作用のメジャー。先端にL字型のツメがついているものがおススメです。長さは3m以上を選んでくださいね。アニマルや花柄など、雑貨系の可愛いデザインのメジャーにも目がいきがちだけど、ここは"測る"ことを優先して、インテリアのプロになった気持ちで。

メジャーを入手したら、実際に部屋を測りましょう。壁の角から窓までの間、窓やドアの大きさや高さをどんどん測り、ネットなどで入手した部屋の図面に書き込みます。図面がない場合は、ざっくり四角にドアや窓を描きこんで、測った数値を入れてください。できれば、家具やモノがない状態で測るのが一番ですが、先に置いちゃった場合はまあそれはそれで。大切なのは、自分の部屋のサイズ感を養うことなので、測れるところだけでも大丈夫。なお、忘れがちなのが部屋の"高さ"。壁やドアの下から測って、1mがどのくらいの高さなのかを、視覚で覚えておくと便利です。

「スッキリ」の決めては、高さと奥行きだった!

部屋のサイズがわかったら、かなりの前進。いよいよ家具を選びましょう。基本的に背の高い家具は圧迫感があって、部屋が狭く感じてしまいがち。部屋の造りによっては、天井まで届くクローゼットを置いて、すべての収納をまとめるという手もあるけど、おススメは、収納力のある低めの家具。この時こだわりたいのが、家具の高さと奥行き。せっかく低い家具を購入しても、それぞれの家具の高さがバラバラだと、統一感がなく、落ち着かない印象に。どれか1つ、メインになる家具を決めて、他の家具をその高さに合わせていくとよいですね。

もう1つのポイントの奥行きは、インテリアを考える上でとても大切なこと。奥行きがそろっていると、視覚的にスッキリした印象を与えます。これは家具だけでなく、小物にも使えるテクニックなので、ぜひ覚えておいて。なお、どうしても奥行きがそろわない時は、引っ込んでいる家具を前に出して、前のラインに合わせて置けば大丈夫。

☆次回は「スッキリ見せる家具のレイアウト」をお届けします☆

Facebook

MyStyleのFacebookページでは「インテリアノート」や「ひとりぐらしサポート」などのブログの更新情報をはじめ、新しく誕生するMyStyleの情報など 最新のお知らせを配信しています。

MyStyle
  • MyStyleとは?
  • 各地のMyStyle
  • お問い合わせ

About MyStyle

いちばん心地良いのは、自分らしい暮らし。そんなコンセプトから生まれた、まったく新しい賃貸アパート"MyStyle"シリーズ。 まず、そこに暮らす人の理想のライフスタイルを思い描き、それを実現するために設計、デザインされています。 これまでの場所や家賃で住まいを探すというスタイルから、自分の理想の暮らし方に合わせて住まいを選ぶというスタイルへ。